うんこ漢字ドリル

真面目なヤツですよ(^^ゞ
小学1年から6年まであるみたいで、買えない本屋さんも出てるらしいよ!
でも『うんこ』って・・・きっかけがなんであれ、勉強できるってスゴッ☆

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生


内容紹介
★☆★発売2週間で63万部突破!
大人も子どもも大爆笑の声、続々届いています★☆★

子どもが夢中になって勉強する!
全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル

ー新学習指導要領対応ー

********
たとえば1年で習う「田」なら…

・田んぼのどまん中でうんこをひろった
・田うえをしながらうんこをもらすおじいさん
・水田にうんこをなげ入れる

事前調査で「めちゃくちゃおもしろい、すごく楽しい」「これは絶対子どもが食いつく」と大絶賛!
男の子も女の子も、親御さんからも笑い声の上がった、
おもしろくてしっかり漢字が身につく最強ドリルです。

********

漢字を効率よく覚える方法は、「繰り返し書くこと」だと言われています。
しかし、同じ文字をただ延々と書き続けるのは、
子どもにとってはつまらないことです。
集中力が途切れるのも無理はありません。

本書はそんな「漢字学習」の構造的弱点を
克服することを目的に制作されました。
目指したのは、書き込むことが楽しくなる漢字ドリル。
日本一楽しい学習書です。

「うんこ」という単語は、大人は忌避しがちかもしれません。
しかし、子どもにとっては気持ちが盛り上がる言葉であり、
口にするだけで楽しくなる魔法のような言葉なのです。

「学習」と「うんこ」という、一見縁遠い二つの要素は、
ここに必然の出会いを果たしました。

「勉強するのは、つらいことじゃない。とっても楽しいことなんだ」
そんなふうに、勉強への意識が変わり
笑顔で机に向かう子どもたちが増えることを
心から願っています。

出版社からのコメント
「まさか、子どもが自主的に勉強するなんて…」
発売直後、いきなりSNSで話題になり、弊社一同「そ、そんなに売れたの…! ?」とびっくりしているこのドリル。
ざっと企画から発売までかかったのは2年。いたって真面目に制作しました。

全学年通して例文を見てみると、「冒険家」という同じキャラクターが何度か登場することに気づいたり
6年の最後の例文では、なんだかグッと切なくなったり(うんこなのに…)。

「子どもに『勉強しなさい! 』って言いすぎてもう自己嫌悪」という親御さんを救う(かもしれない)
新しい「勉強の形」がここにあります。(編集担当)

【公式サイト】https://unkokanji.com/

内容(「BOOK」データベースより)
子どもが夢中になって勉強する!全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル。新学習指導要領対応。たとえば1年で習う「田」なら…田んぼのどまん中でうんこをひろった、田うえをしながらうんこをもらすおじいさん、水田にうんこをなげ入れる…。事前調査で「めちゃくちゃおもしろい、すごく楽しい」「これは絶対子どもが食いつく」と大絶賛!男の子も女の子も、親御さんからも笑い声の上がった、おもしろくてしっかり漢字が身につく最強ドリルです。

病んでる!?

あ、オレの話じゃないですよ(^^ゞ
『坂口杏里』の話です!
・・・なんでも、恐喝未遂で逮捕とか〜〜〜
別に興味もないけど、彼女・・お母さんが亡くなってからAVに出てみたり、今回は恐喝未遂〜
わがまま娘!?世間知らず!?お嬢様育ち!?なんかよく分からん;
心が病んでるね;

啓蟄

今日はこんな日!

二十四節気のひとつ。冬眠をしていた地中の虫が春の陽気に誘われて這い出してくる日とされる。「啓蟄」の「啓」には「ひらく」の意味があり、「蟄」には「虫が土の中に閉じこもる」の意味がある。

なんか、暖かったり、雪が降ってみたり・・・まだまだ地元は冬と春の行ったり来たりです