ザ・フォーリナー/復讐者

久しぶりにジャッキーの映画を見ました(^^ゞ
年齢もかなり重ねていると思いますが・・・アクションは相変わらずキレっキレです

ザ・フォーリナー/復讐者 [DVD]


内容紹介
怒らせてはいけない人を怒らせてはいけない。
優しい人が、最恐。

■ジャッキー・チェン x ピアース・ブロスナン x 『007/カジノ・ロワイヤル』監督 世界待望のスタイリッシュ・サスペンス・アクション超大作
ジャッキー・チェンとピアース・ブロスナンというハリウッドレジェンドの2人が真向対決!メガホンを取ったのは、“007シリーズ”の中でも傑作との呼び声の高い2作品『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』の名匠マーティン・キャンベル。その手腕は全世界が注目し、職人監督の真骨頂といっても過言ではない。
ジャッキーとピアース、両名ともにこれまで見たことのない魅力を最大限に発揮し、まさにアクション映画ファンが夢に見た、クオリティ完全保証のスタイリッシュ・サスペンス・アクションがここに誕生した!!

■ハードアクションはそのままに、これまでに見たことのないシリアス&ハードボイルドなジャッキー・チェンが魅せる新境地の演技!
孤独と怒りに満ちたハードボイルドな役の為にコミカルな演技を完全封印したジャッキー!それでいながら狭小空間や屋根の上など様々なシチュエーションで痛みとリアリズムあふれるハードアクションに挑んだ。その鬼気迫る深みのある演技は、まさに新境地。また、実年齢以上に見えるオールドメイクで正真正銘≪誰も見たことがないジャッキー≫を実現、優しい父親から最恐の復讐者へと変貌する展開に、確かな説得力を与える。また、本作は、『ジョン・ウィック』『ザ・コンサルタント』など、ナメてた相手が実は強かった、“ナーメテーター”映画の最新弾にして最高傑作とも言える。

■日本語吹替は、石丸博也氏(ジャッキー・チェン)×田中秀幸氏(ピアース・ブロスナン) 声優界の2大レジェンドが挑む!
ジャッキー・チェン歴約40年、ファンおなじみの石丸博也氏と、ピアース・ブロスナンのセクシーボイスには、やはりこの方、田中秀幸氏が登場!
2大巨匠が魅せる声優の職人技は、ブルーレイ&DVDでしか聞けない最大の特典である。

【ストーリー】
ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクワン(ジャッキー・チェン)。平穏無事な生活を送っていた中、突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。クワンは復讐の怒りに煽られ、静かに爆発していく。彼は犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着く。ヘネシーは、官僚としての仕事で過去に抱えた問題に脅かされていた。クワンの犯人を追うあくなき執念が、昔アメリカの特殊部隊出身であることを浮き彫りにしていく。次第に明らかになっていく二人の過去。敵か、味方か…孤独な男たちの戦いは、想像もしない結末へと向かっていく―。

【特典映像予定】
●ミュージックビデオ
●メイキング
●海外版TVスポット集
●予告集(日本版予告/オリジナル予告他)

【キャスト】
<吹替>:ジャッキー・チェン<石丸博也>、;ピアース・ブロスナン<田中秀幸>、;オーラ・ブラディ<阿部彬名>、;レイ・フィアロン<藤井隼>、;チャーリー・マーフィ<藤田曜子><; br><; br> 【スタッフ】
監督:マーティン・キャンベル
製作:ジャッキー・チェン、ウェイン・マーク・ゴッドフリー P.G.A、.アーサー・サーキシアン、スコット・ランプキン P.G.A、.ジェイミー・マーシャル P.G.A、.クレア・カプチャク、キャシー・シュルマン

発売元:松竹販売元:松竹提供:ツイン

© 2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING , LLC WANDA MEDIA CO., LTD .SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

商品仕様等は予告なく変更する場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナン共演によるアクションサスペンス。ロンドンでレストランを営むクワンは、娘を無差別テロで失ってしまう。彼は復讐のため犯人を捜し、やがて北アイルランドの副首相、リアム・ヘネシーへとたどり着く。

内容(「Oricon」データベースより)
レストランのオーナー、クワンは突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。クワンは復讐の怒りに煽られ、静かに爆発していく。彼は犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリアム・ヘネシーにたどり着く。ヘネシーは、官僚としての仕事で過去に抱えた問題に脅かされていた。次第に明らかになっていく二人の過去。敵か、味方か…孤独な男たちの戦いは、想像もしない結末へと向かっていく―。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です